このページの本文へ

アプリ内での事前決済やdポイントを送る機能も

NTTドコモ、スマホ決済サービス「d払い」の機能を拡充

2019年05月16日 17時40分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「d払い ミニアプリ」機能

 NTTドコモは5月16日、スマホ決済サービス「d払い」の機能を拡充。加盟店での利用がより使いやすくなる機能を追加した。6月末以降に順次提供する。

 「d払い ミニアプリ」機能は、加盟店がスマホ上で提供している事前注文や事前決済などの様々なサービスをd払いアプリ上でシームレスに利用できる機能。これまでは個々の企業のアプリをダウンロードして会員登録する必要があったが、d払いアプリ上で実現。

「ウォレット」機能 

 「ウォレット」は、チャージや送金、dポイントを送ることが可能な機能。ドコモのウォレットサービス「ドコモ口座」のチャージや送金といった機能をd払いアプリ上でシームレスに利用できる。キャリアフリー対応により、他社回線のユーザーでも利用でき、dポイントを他のdポイントクラブ会員に送れる機能も追加。

「読み取る」決済

 「読み取る」決済はQRコードを読み取ることで決済を行なう機能。これまでユーザーがQRコードを加盟店に「見せる」決済だけだったのに対し、新たに加盟店の掲示するQRコードを読み取って決済することが可能になった。

カテゴリートップへ

ピックアップ