このページの本文へ

エプソン、Android TV端末同梱モデルなど 小型ホームプロジェクター4機種

2019年05月15日 17時30分更新

文● ラモス/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エプソンは5月15日、3LCD方式のホームプロジェクター「dreamio(ドリーミオ)シリーズ」において、「EF-100W/EF-100B」と「EF-100WATV/EF-100BATV」の4モデルを発表。販売は5月22日から順次開始する。

「EF-100W/EF-100WATV」

 全モデルともに、シンプルな形とやわらかな質感で、上質な暮らしを演出するという。サイズは幅210×奥行き227×高さ88mmでコンパクトなので、気軽に持ち運べるとのこと。重量は約2.7kg。

「EF-100B/EF-100BAT」

 家庭はもちろん、アパレルショップやレストランなどの店舗でも利用できる、空間になじんだデザインに仕上げたという。インフォメーションやメニュー表示のほか、映像空間を演出する用途などでも使えるとしている。テーブルや商品展示台、壁面などスクリーン以外にも投写可能。

 背面のHDMI端子にメディアストリーミング端末を接続することで、電源をプロジェクター本体から供給できる。スピーカーはバスレフ方式を採用しているので、高音質で映像も音もプロジェクター1台で楽しめるという。Bluetoothオーディオやヘッドフォンにも接続できる。

 EF-100WとEF-100Bは、カラーをホワイトとブラックの2色から選択可能。解像度はWXGA、明るさは2000lm、コントラスト比は2500000:1。販売開始は5月22日からで、参考価格は10万4760円。

 EF-100WATVとEF-100BATVは、同社のスティック型のAndroid TV端末を同梱している。カラーはホワイトとブラックの2色から選択可能。Wi-Fi環境があれば、家中どこでも動画配信サービスを大画面で観られる。解像度はWXGA、明るさは2000lm、コントラスト比は2500000:1。販売開始予定は8月からで、参考価格は11万160円。

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中