このページの本文へ

スマートフォン「AQUOS R3」をソフトバンク株式会社の“ソフトバンク”より発売

2019年05月10日 14時22分更新

文● シャープ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シャープ
動画撮影中にAIが見所を抽出し、約15秒のダイジェストムービーを自動で作成


「AQUOS R3」(左から、エレガントグリーン、プレミアムブラック、プラチナホワイト)


シャープは、ソフトバンク株式会社の“ソフトバンク”向けに、フラッグシップモデルのスマートフォン「AQUOS R3」を2019年夏モデルとして商品化します。

本機は、AIが動画撮影中に被写体や構図を分析して、笑顔の瞬間や動きに変化があるシーンなどの見所を自動的に抽出。約15秒のダイジェストムービーをリアルタイムに作成する「AIライブストーリー」機能を搭載しました。“撮るカメラから創るカメラへ”と進化し、より手軽な動画のコミュニケーションをサポートします。

静止画撮影時は、AIが被写体の動きを検知して、シャッタースピードや露光を最適に調整することで被写体ブレを抑制し、走り回る子どもやペットの姿も鮮明に捉えます。また、暗いシーンでは、AIが自動で高速連写し、最もブレのない一枚を抽出。ノイズを除去する画像処理を瞬時に行います。日中も夜間も大切な瞬間をありのままに記録できます。

表示部には、新開発の「Pro IGZO」ディスプレイを採用。10億色の色表現と従来機(※)比約2倍の明るさで、HDRの映像を忠実に再現します。肌の質感や青空のグラデーションなどを滑らかな階調感でよりリアルに表現できるようになりました。120Hz駆動の機敏なタッチ操作性と電力効率を従来機比約10%アップした省エネ表示で、スマートフォンAQUOS史上最高の画質と性能を実現しました。

 品名 :スマートフォン
 ブランド名:AQUOS R3
 発売時期 :2019年5月下旬以降

■ 主な特長
1.動画撮影しながらAIが見所を抽出し、約15秒のダイジェストムービーを自動で作成する「AIライブストーリー」機能を搭載
2.被写体の動きにあわせた最適なシャッタースピードや画像処理で、被写体ブレを抑えた写真を撮影
3.新開発の「Pro IGZO」ディスプレイ採用により、10億色の表現力と従来機比約2倍の明るさを実現。120Hz駆動と高い省エネ性を両立

※ 当社2018年度モデル<AQUOS R2>。
● 開発中につき、発売時に仕様やデザインが変更になる可能性があります。
●「AQUOS」「AQUOS」ロゴ、「AQUOS R3」ロゴ、「Pro IGZO」「AIライブストーリー」「ProPix」「AIライブシャッター」「AQUOS beauty」は、シャープ株式会社の登録商標または商標です。
● SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
● IGZO液晶ディスプレイは、株式会社半導体エネルギー研究所との共同開発により量産化したものです。
● その他記載されている製品名などは各社の商標または登録商標です。

本製品に関する情報は、以下のウェブサイトでもご覧いただけます。
https://jp.sharp/k-tai/

※ ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。
ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
https://corporate.jp.sharp/corporate/news/190510-b.html

【プレスリリース全文(PDF版)】
https://corporate.jp.sharp/corporate/news/190510-b.pdf

【画像ダウンロードサービス】
https://corporate.jp.sharp/press/p190510-b.html

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン