このページの本文へ

NTTグループの技術で特殊詐欺撲滅へ

NTT西日本、特殊詐欺をAIで解析

2019年05月09日 17時10分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 西日本電信電話(NTT西日本)は5月9日、特殊詐欺解析AIの実証実験を行なうと発表した。

 特殊詐欺(振り込め詐欺)の多発を受け、NTTグループが持つサービスや技術を活用して特殊詐欺撲滅に向けた技術を開発する試み。実証実験では、利用者の電話機に接続する特殊詐欺対策アダプターから録音した通話内容をクラウド上に転送、特殊詐欺解析AIが通話内容を解析する。特殊詐欺であると疑われる場合などには本人や親族などあらかじめ登録された人に注意喚起メールを送信する。

 行政機関などと調整を行ない、東京都内にて2019年度第2四半期中に開始。実証実験によってAIの精度向上や運用面の確認を図り、数ヵ月間の実施を予定しているという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン