このページの本文へ

血液検査で早産を予測 世界の赤ちゃんを救う リキッド・バイオプシー

2019年05月03日 06時55分更新

文● Bonnie Rochman

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

早産で生まれる赤ちゃんは、毎年1500万人にも及ぶ。早産の可能性を予測できれば、その命を救えるかもしれない。スタンフォード大学のステファン・クエーク教授はリスクの低い血液検査による予測方法を開発し、商用化に取り組んでいる。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ