このページの本文へ

ASUS「VT229H」

直観的操作が可能なIPSパネル採用の10点マルチタッチ液晶

2019年04月20日 23時22分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSから、10点マルチタッチ対応で直観的操作が可能なIPSパネル採用21.5インチ液晶ディスプレー「VT229H」が発売中だ。

10点マルチタッチ対応で直観的操作が可能なIPSパネル採用21.5インチ液晶ディスプレー「VT229H」

 硬度7Hのマルチタッチディスプレーは最大10ヵ所のタッチを同時認識可能。Windows10で使用するために最適化されているため効率的に作業ができる。指で単純なタップ、ドラッグ、ピンチ、ズーム、スピンなど、すべてのWindows10のタッチジェスチャーが使用可能だ。

Windows10で使用するために最適化されているため、接続してすぐに使える手軽さもポイント。もちろんWindows10のタッチジェスチャーはすべて使える

 フルHD(1920×1080)解像度および178度IPS広視野角パネルを採用。画面分割グリッドを表示させ、実際のサイズの写真や文書を印刷前に画面上で整列およびプレビューできる「QuickFit Virtual Scale」、明るさ・コントラスト・シャープネスを強化してビデオや画像を最適化する「SplendidPlus」などASUS独自技術をサポートする。

 主なスペックは、応答速度5ms、輝度250cd/m2、コントラスト比1億:1、表示色約1670万色。インターフェースはHDMI×1、D-Sub×1、3.5mmジャック×1、USB 2.0×1、1.5W×2のステレオスピーカーを内蔵。サイズは491.5(W)×204.4(D)×300.1(H)mmで、重量は3.7kg。

 価格は3万2980円(税抜)。ツクモパソコン本店で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中