このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

とにかくシンプル、夜更かしして寝落ちしそう

ライト搭載で活躍の場が拡大、無印「Kindle」の最新モデルがきたよ

2019年04月10日 20時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

無印とはいえ、Kindleらしさはもちろんあるぞ

 ハードとの特徴としては、こんな感じなのだが、最近のKindleってどうなっているのという人に向けて、最後にUI等をすこしおさらいする。昨年のバージョンアップでホーム画面が新しくなっている。読み放題サービスの「Kindle Unlimited」「Prime Reading」の読書履歴なども参照して、次におすすめの書籍(新刊・ベストセラーなど)が提案される。作品の特典情報や豆知識なども提供されている。

読み放題サービスにも対応

 「Whispersync」という、電子書籍を読み終わった最後のページ、ブックマーク、注釈などを保存して、スマホのKindleアプリなどと同期する機能。「X-Ray」という、本の概要が簡単に分かる機能。「Word Wise」という、その場で、英単語の意味が調べられる機能、「単語帳」という、辞書機能で調べた単語をリスト化する機能(本文中の言葉も参照できる)、「Smart Lookup」という辞書機能をX-RayやWikipediaと連動させる機能などは共通の特徴となっている。

英単語を選択して、もう一度タップすると意味が表示される。

英語の本を読みたい人にはいいかも

 電子書籍端末は、かさばる書籍を1台にまとめて持ち運べ、紙の書籍にはない辞書検索機能などを持つ。

洋書だとペーパーバック的な雰囲気、明るいところでの電子ペーパーは、さすがに見やすいですね

 話題の書籍は洋書でもいち早く読みたいという人や、勉強や研究用に書籍を読む必要があるという人にも便利な機能だ。Kindleシリーズで王道と言えば、Paperwhiteになるとは思うのだが、防水や8GBまたは32GBストレージになるため、無印よりは若干お高めになる。とにかく安価でシンプルに、Kindleらしい読書体験をしてみたいという人には、選択肢のひとつになるだろう。

最上位のOasisと比べれば、機能は極限までシンプルだけど、そのぶん安価

■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン