このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

14型ボディに15.6型液晶搭載! 大画面でスペック十分な秀作ノートPC「Acer Swift 5」レビュー

2019年06月07日 17時00分更新

文● 宮崎真一 編集●ジサトラショータ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「SF515-51T-H58Y/BF」。実売価格は16万2000円前後

 日本エイサーのモバイルノートPC「Swift」シリーズは、可搬性に優れたコンパクトかつ軽量なボディが好評を博している。本誌でも何度か「Swift 5」のレビューを行っているので、興味を持った人はそちらも合わせてご覧いただきたい。

 そして、日本エイサーは2019年3月、「Swift 5」と「Swift 3」の新製品5モデルを発表した。その中から、今回は15.6型モデル「SF515-51T-H58Y/BF」を取り上げ、新モデルに追加された“魅力”について、その詳細に迫ってみたい。

SF515-51T-H58Y/BFの主なスペック
CPUCore i5-8265U(定格クロック1.6GHz,最大クロック3.9Hz,4C8T,キャッシュ容量6MB)
OS64bit版Windows 10 Home
メモリーDDR4-2666 4GB×2(※DDR4-2400として動作)
ストレージ512GB SSD(SKhynix「BC501」、NVMe)
グラフィックスIntel UHD Graphics 620(CPUに内蔵)
ディスプレー15.6型(1920×1080ドット)、グレア、IPS、タッチパネル対応
内蔵ドライブ
通信規格無線LAN(IEEE802.11 a/b/g/n/ac)、Bluetooth 5.0
サウンドRealtek High Definition Audio
インターフェースUSB 3.0端子×2、USB 3.1 Gen.2(Type-C)端子×1、HDMI出力端子(HDCP対応)、ヘッドフォン/マイクジャック
サイズ/重量およそ幅358.0×奥行230.0×高さ15.90mm/約990g
■Amazon.co.jpで購入

15.6型液晶パネルを採用し画面サイズが拡大
新モデルでも重量は約990gと1kg以下を実現

 SF515-51T-H58Y/BFの最大の特徴は、狭額ベゼルを採用することで14型のボディに15.6型の液晶パネルを搭載した点にある。画面サイズが大きくなったことで、旧モデルからさらに操作性が向上しつつ、それでいてボディは約358.0×15.90×230.0(W×H×D)mmと非常にコンパクトなのは変わらない。しかも新モデルでも、重量は約990gと1kgを切っている。持ち運びに適しているSwiftシリーズの特徴はそのままに、正当進化を遂げたPCが「SF515-51T-H58Y/BF」というわけだ。ボディにはマグネシウム合金を使用しており、高い耐久性も備えているとのことなので、持ち運ぶ機会が多いユーザーにとって耐久性も心配はないだろう。

実測で7mmしか幅のない狭額ベゼルを採用。これにより、コンパクトなボディに15.6型液晶パネルの搭載を実現している。一見すると普通のモバイルノートなのだが、画面を見たときの没入感は段違いだ
本体の厚さは一番分厚いところでわずか15.90mmしかない。サイズもコンパクトだが、その薄さも魅力の1つだ

 液晶パネルは光沢のあるグレアタイプで、視野角が広いIPS方式のものを採用。この液晶パネルは、比較的明暗がクッキリと表示される印象で、動画などを見る場合に非常にクリアな映像を楽しむことができる。また、タッチパネル方式に対応しており、外出先などでボディを片手で持ったまま操作する場合でも苦にならない。なお、解像度は1920×1080ドットまでサポートしているほか、眼精疲労の原因とも言われるブルーライト軽減機能である「BluelightShield」も搭載されている。このあたりは、液晶ディスプレーの販売も手掛ける日本エイサーらしい機能とも言える。

 CPUには4コア/8スレッドタイプの「Core i5-8265U」を搭載。このi5-8265Uは、ベースクロックは1.6GHzと低めながらもTurboboost Technology適用時には3.9GHzまで動作クロックが上昇し、CPU性能も十分期待できる。なお、グラフィックス機能は、CPUに統合された「Intel UHD Graphics 620」を利用することとなる。また、メインメモリーはデュアルチャネルアクセスのDDR4-2666を8GB搭載しているが、CPUの仕様上DDR4-2400動作になっている点には注意したい。

 さらに、ストレージには、NVMe接続のSSDを512GB搭載し、ビジネス用途などは十分ともいえる容量が確保されている。そのほか、サウンド機能には、高音質を実現する「Acer TrueHarmony」に加えて、サウンドアプリケーションとして「Dolby Audio Premium」を搭載。バーチャルサラウンドのほか、人物の音声を聞き取りやすくするダイアログエンハンサーなどが利用可能だ。なお、ステレオスピーカーを前方底面に2基搭載している。

サウンドアプリケーションとしてDolby Audio Premiumを搭載。映画や音楽など、用途に合わせたオーディオ設定を選択可能だ

前へ 1 2 次へ

ノートパソコン
デスクトップ
モニター

intel

詳しくはレビューをチェック