このページの本文へ

『ゲーム&クリエイターパソコンのひみつ』を全国の小学校約2万1500校などに寄贈

マウスコンピューター「学研 まんがでよくわかるシリーズ」の最新刊を制作

2019年03月29日 15時30分更新

文● ラモス/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マウスコンピューターは3月29日、学研プラスの小学生向け学習まんが書籍「学研 まんがでよくわかるシリーズ」の最新刊『ゲーム&クリエイターパソコンのひみつ』を制作したと発表。全国の小学校約2万1500校、公立図書館約3200館、児童館など約800館に寄贈する。

 同シリーズは、さまざまなテーマを小学生向けに解説する学習まんが書籍のシリーズ。公益社団法人の日本PTA全国協議会が推薦する教材として、全国の教育現場で活用されているという。『ゲーム&クリエイターパソコンのひみつ』では、eスポーツで使われるゲームPCと、まんがやデザイン制作に欠かせないクリエイターPCの理解を深め、PCを活用した文化や仕事を紹介しているとのこと。

 同社は子供たちにPCを身近に感じてもらいながら、PCを活用した仕事やモノづくりに興味を持ってもらいたいという思いで、書籍を制作および寄贈したとしている。

カテゴリートップへ