このページの本文へ

マウザー、PoE規格IEEE 802.3af/at/btに準拠する、マキシム社製MAX5995B PMICの取り扱いを開始

2019年03月22日 11時00分更新

文● マウザー エレクトロニクス

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マウザー エレクトロニクス


最新の半導体及び電子部品の幅広い品揃えと、新製品をいち早く市場に投入することに注力する、ネット販売商社のマウザー・エレクトロニクス(Mouser Electronics、本社: 米国テキサス州マンスフィールド、以下: マウザー)は、マキシム・インテグレーテッド(Maxim Integrated、以下: Maxim)社のMAX5995BパワーマネージメントIC(PMIC)の取り扱いを開始しました。この小型サイズのPMICは、PoE(Power Over Ethernet)システムのIEEE 802.3af/at/bt規格に準拠する受電機器(PD)用の完全なインターフェイスを提供します。

マウザーより購入可能な、MaximのMAX5995B PMICは、検出シグネチャ、分類シグネチャ、および起動時の突入電流制御を備えた集積型絶縁用パワースイッチをPDに提供します。デバイスは、IEEE 802.3bt規格で規定されたマルチイベント分類方式に対応し、タイプ1~タイプ4給電機器(PSE)を示す信号を提供します。さらに、パワーグッド(PG)信号、2段階の電流制限とフォールドバック制御、過熱保護も提供します。

MAX5995B PMICは、インテリジェント電力維持シグネチャ(IMPS)機能、超低電力スリープモードを備えています。また、幅の広いヒステリシスと長いデグリッチ時間付きの入力低電圧ロックアウトを備えており、ツイストペアケーブルの抵抗によるドロップを補償し、パワーオン/オフ状態時のグリッチフリー遷移を保証します。

MAX5995B PMICは、16ピンTQFNパワーパッケージ(5mm x 5mm)で提供され、-40℃~+85℃の温度範囲での動作が保証されています。このデバイスの理想的な用途には、VoIP電話、IPセキュリティカメラ、ワイヤレスアクセスポイント、スモールセル/ピコセル基地局、照明、ビルオートメーションなどがあります。

詳細については、www.mouser.com/maxim-max5995x-pmicsをご覧ください。

マウザーは、幅広い製品ラインと優れたカスタマーサービスを通して、先端技術による製品を提供し、設計技術者とバイヤーに向けてイノベーションの推進に貢献できるよう努めています。マウザーは、最新の設計プロジェクトに最適な最新の半導体および電子部品を世界でどこよりも幅広く取り揃えています。マウザーは顧客の設計リードタイムの短縮を支援します。マウザーは単に電子部品を売る会社ではなく、時間と利便性を提供する会社です。マウザーのウェブサイトMouser.comは、絶えず更新されており、ユーザーが素早く製品を探せるよう高度な検索方法を提供しています。またMouser.comでは、データシート、サプライヤ別リファレンスデザイン、アプリケーションノート、技術設計情報、エンジニアリングツールも提供しています。

マウザーについて
マウザー・エレクトロニクスは、バークシャー・ハサウェイ社のグループ企業であり、数々の受賞歴を有する、半導体および電子部品の正規代理店です。提携メーカーの新製品を電子設計技術者およびバイヤーへいち早くお届けすることに注力しています。マウザーのウェブサイトMouser.com は、多言語・多通貨に対応し、750社を超えるメーカーの500万点以上の製品を揃えています。マウザーは、世界23カ所のサポート拠点からクラス最高のカスタマーサービスを提供し、テキサス州ダラス南部にある7万平方メートル(東京ドームの約1.5倍)の施設から、220カ国60万人を超えるお客様に向けて製品を提供しています。詳しくは、http://www.mouser.jp をご覧ください。

マキシム・インテグレーテッド(Maxim Integrated)社について
Maximはアナログインテグレーションのリーダーです。モバイルから産業用ソリューションまで、Maximはアナログ半導体をより小型で、スマートで、エネルギー効率に優れたものにしています。

商標
MouserおよびMouser ElectronicsはMouser Electronics, Inc.の登録商標です。その他記載されているすべての製品名、ロゴおよび会社名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン