このページの本文へ

COLORFUL「iGame GeForce RTX 2080 Ti Vulcan X OC」

ギミック満載のOC版GeForce RTX 2080 TiがCOLORFULから

2019年03月23日 23時28分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 COLORFULから、3スロット占有の大型オリジナルVGAクーラーを採用するGeForce RTX 2080 Ti搭載ビデオカード「iGame GeForce RTX 2080 Ti Vulcan X OC」が発売された。

3スロット占有の大型オリジナルVGAクーラーを採用するGeForce RTX 2080 Ti搭載ビデオカード「iGame GeForce RTX 2080 Ti Vulcan X OC」

 高品質インダクターを使用した16+3フェーズの電源回路「I.P.P」(iGame Pure-Power Inductance)と銅(1.67 μΩcm)よりも電気抵抗の低い銀(1.59μΩcm)メッキ採用のオリジナルPCB基板「S.P.T」(Silver Plating Technology)を採用する。

 3連ファンを備えるVGAクーラーは、ダイレクトに熱を受熱するベースプレート、ヒートシンク全体に広がる6本のヒートパイプ、広面積フィンにより構成される「SWORIZER 2.0」を搭載するほか、温度が低い時にファンの回転を停止する「0dB Design-Fan Stop」機能をサポートする。

電源回路や基板、VGAクーラーにこだわった作りでブーストクロックを1770MHzまで引き上げたOC仕様になっている

 また、ブラケット部にはBIOSプロファイルを読み込みブーストクロックを高クロックで動作させる「ONE-KEY OC」を装備。そのほか、カードトップには、GPUクロック、ファンスピード、GPU温度、メモリーのステータスやGIF、画像、テキストを表示するフルカラーLCD対応の「iGame Status Monitor 2.0」を装備。カード側面、およびカード背面部分にRGB LEDを備え専用アプリケーション「iGame Dynamik Light」によりRGBイルミネーションを制御可能だ。

ギミック満載のOCモデルとしては安価。ゲーミングPC向けのカードとして選択肢のひとつに入れてもいいだろう

 主なスペックは、ベースクロック1350MHz、ブーストクロック1545MHz(OC時1770MHz)。搭載メモリーがGDDR6 11GBで、出力インターフェースはHDMI2.0b×1、DisplayPort1.4×3、USB Type-C×1(VirtualLink対応)、カード長は318mm。

 価格は17万6330円。パソコンショップアーク、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中