このページの本文へ

上海問屋「ATX電源テストモジュール」

マザーなしで電源の動作確認ができる「ATX電源テストモジュール」

2019年03月16日 22時40分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋から、ATX電源の動作確認をするのに便利な「ATX電源テストモジュール」(型番:DN-915640)が発売された。

マザーボードなしで動作確認ができる「ATX電源テストモジュール」

 ATX電源の24ピンコネクターを接続しスイッチを入れることで、マザーボードなしで電源が起動できるテスト用基板。-12V、+12V、+5V、+3.3Vの各ターミナルにテスターをつなぎ、動作電圧のチェックができる。通電確認用LEDのほか、ターミナル毎に5Aヒューズも備える。

パーツの通電テストなどにも便利。ショップのサポート関係でも使えそう

 サイズは48(D)×128(W)×28(H)mm、製品保証は初期不良2週間。パーツの通電テストなどでも活躍してくれそうだ。

 価格は999円(税抜)。ドスパラ秋葉原別館で販売中だ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ