このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

末岡洋子の海外モバイルビジネス最新情勢第219回

MWCの話題の中心はファーウェイ、楽天の可能性も注目が集まる

2019年03月14日 17時00分更新

文● 末岡洋子 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今年もスペイン・バルセロナでMWCが開催された。年末からヒートアップしている米中の貿易戦争の渦中にあり、大きな争点となっているファーウェイの話題抜きには語れないMWCとなった。来場者は10万人超、経済効果は4億7300万ユーロ(約600億円)という4日間のお祭りの感想をまとめたい。

コンシューマー向け製品もそうだが、ネットワーク機器の世界ではファーウェイの存在感はやはり大きい

今年のMWCは5G、折りたたみ式がキーワード

 今年はいくつかの面で話題が豊富なイベントだった。表の主役であるスマートフォンでは、久しぶりに新しいトレンドがあった。5Gと折りたたみ型だ。

 端末ベンダーがひしめくホール3では、ファーウェイとサムスンのブースが向かい合っており(昨年と同じ)、ともにガラスケースに入れた折りたたみ型のスマートフォンを披露した。サムスンがMWCの前週に米サンフランシスコでGalaxy Foldを発表、その4日後にファーウェイがMWC前日のバルセロナでHUAWEI Mate Xを発表したという形だ。

 目立っていたのは頂点を争う2社だけではない。今年は欧州進出に力を入れているシャオミがブースを拡大し、スマートフォンだけでなく電動スクーターから空気清浄機といった生活関連製品などのシャオミワールドをアピールしたのも印象的だった。同社もMWC前日に発表会を開催して、5Gスマートフォン「Mi MIX 3 5G」を発表している。折りたたみ型については「サムスンやファーウェイより早く」(同社広報)、1月にコンセプト動画を公開している。

 NokiaブランドのHMD Globalは「PureView」ブランドを復活させた「Nokia 9 PureView」を発表、いきなりの5眼だ。HMDはスペック競争には参加しない戦略で、先頭グループに入って5Gや折りたたみ型を投入するつもりはないという様子。

その外観でまず驚かされる「Nokia 9 PureView」

ファーウェイは30社、エリクソンは14社と5G契約

 端末を支えるネットワークは、MWCにおける影の主役だ。Nokiaは会期前日、エリクソンは初日朝、ファーウェイは初日午後にネットワーク事業のプレス向けイベントを開いた。製品発表という点では、5G機器は昨年の方がラッシュ。今年は4Gとの共存のための技術だったり、5Gの実装やオペレーションなどがメインだったように思う。

 目下の注目は言うまでもなくファーウェイだ。ライバルの窮地に対し、エリクソンのBörje Ekholm CEOは直接言及せず、「不確実性が生まれている」ことは認めた。合わせて、自社は5Gの準備ができているとアピール。NokiaのRajeev Suri CEOは、セキュリティ重視の姿勢を見せた模様だ。

 当のファーウェイは輪番会長の郭平(Guo Ping)氏が基調講演に登場。真っ向から米国政府の姿勢に反論した。詳しくは別記事を参照いただくとして、自社の懸念の払拭を図るだけでなく、米国政府の監視プログラム「PRISM」を持ち出し、「セキュリティのためにファーウェイを選んで」とアピールした。

 会場は暖かく迎えていたが、PRISMの時は苦笑いが起こった。なお、ファーウェイは3人が交代で輪番会長を務めるが、MWCの基調講演枠はほぼ毎年確保しており、基調講演への登場自体は珍しいことではない。

 3社のブースはどこも盛況。エリクソンはVerizon、Sprintなど米国の通信事業者と進める5G実装での技術を展示し、ファーウェイは韓国LG+の5G実装を展示。Ericssonは「5Gの商用契約が14社に」と語っており、ファーウェイは「30社」とのことだ。この中には、3(Three)、Elisa、TIM、O2など欧州の通信事業者のロゴもあった。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン