このページの本文へ

新スマホに5G! MWC19レポート第13回

一気に5眼カメラ! NokiaブランドのHMDから登場

2019年02月25日 23時40分更新

文● 末岡洋子 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「Nokia」ブランドで携帯電話を展開するHMD Globalは2月24日(現地時間)、スペイン・バルセロナで発表会を開催し、業界初の5眼スマートフォンとなる「Nokia 9 PureView」など5機種を発表した。

5眼カメラ搭載がさすがにインパクト大な「Nokia 9 PureView」。価格は699ドル

Nokiaの超高性能カメラのブランドである「PureView」復活
カラーが2つ、モノクロ3つの5眼カメラを採用!

 HMD Globalにとって3年目となるMWC。これまでは旧Nokiaのイメージを受け継ぎ、「Nokia 3310」「Nokia 8110 4G」といったノスタルジックな機種を用意したが、今年はカメラを特徴とする「PureView」が戻ってきた。

2018年は懐かしのバナナフォンで話題を集めたNokia

 PureViewは、旧Nokia時代の2012年のMWCで初登場(「Nokia 808 PureView」)。4100万画素(!)をうたうカメラを採用していたが、OSは当時は台頭するAndroidやiOSに巻き返しを図っていたSymbianだった。その後「Lumia」ブランドになってからもPureView技術自体はハイエンドで使われたが、製品名として登場するのは今回が初めてとなる。

2012年に登場した4100万画素カメラ搭載の「Nokia 808 PureView」。当時はWindows Phoneスマホに力を入れ始めた中でのSymbian端末という点でも注目された

 「Nokiaのスマートフォンはカメラ技術で知られていた」と語るのはHMD Globalの最高製品責任者、Juho Sarvikas氏。スマートフォンのカメラではファーウェイなどの各社がもれなく力を入れているが、Nokia 9 PureViewはいきなりの5眼である。ZEISS Opticsを採用したカメラ(いずれも12メガピクセル)を5つ搭載する。

ハイエンド機らしい洗練された雰囲気を持つ

 カラーセンサーが2つ、モノクロセンサーは3つで、各センサーは「これまでの2.9倍の光を取得できる」という。撮影した画像はすべてHDRとしており、ダイナミックレンジと被写界深度などの技術をもつ5つのカメラが同時にイメージを取得して、1枚の12メガピクセルの写真にする。ベンチャー企業のLightと協業開発したカスタムASICでカメラを制御する。

 処理側ではクアルコムと協業し、Snapdragon 845により、ISP/DSP/CPU/GPUを同時に使って処理する。このような「ヘテロジニアス(異機種混在)」はスマートフォンでは初という。これにより、「ノイズリダクションは3倍高速に、消費電力は10分の1を実現する」と説明する。専用のイメージング・コプロセッサが5つのカメラを独立して制御でき、露出とホワイトバランスを個別に調整するという。これに合わせ、カメラインターフェイスの「Pro Camera UI」もアップグレードし、露出時間などの設定をさらに細かくできるようになった。

 Adobe Photoshop LightroomやGoogle Photosを使った編集もスマートフォン上でできる。なお、Lightroomについては、今後カスタムレンズプロファイルをリリースする予定という。

 OSはAndroid 9 Pieだが、最近のNokiaスマホはAndroid Oneをベースにすることで、常に最新技術にアップデートされる。3年にわたって月間セキュリティーパッチや2回のメジャーOSアップデートを適用できるのもメリットである。

 そのほかのスペックとしては、ディスプレーは5.99型有機ELでNokia PureDisplayと名付けられている。メモリーは6GB、ストレージは128GB。指紋認証や顔認証をサポートするほか、ワイヤレスチャージ、防水などの特徴もあるハイエンド機だ。

 Nokia 9 PureViewは一部市場にて3月に発売。事前オーダーも開始した。価格は699ドル(約7万8000円)。

ミドル、エントリー、フィーチャーフォン
Nokiaの強味を活かして成長、2019年は北米進出!

 HMD Globalはこのほか、ミッドレンジの最新モデル「Nokia 4.2」「Nokia 3.2」、エントリーの「Nokia 1 Plus」、そして35ドルのフィーチャーフォン「Nokia 210」を発表した。なかでも「Nokia 3.2」はGoogleアシスタント専用ボタンを備え、音声をよく使うユーザーのニーズに応えた。

Nokia 4.2

 HMD GlobalのCEO、Florian Seiche氏によると、「2018年、スマートフォン市場全体にとっては厳しい年だったが、我々はユーザーを前年比で3倍増やすことができた」という。

Nokia 3.2

 欧州、中東、ロシアなどの国ではトップ5のスマートフォンブランドに入っているという。2019年に入り、Verizonなど北米の3キャリアと提携。今年は北米市場ユーザーにもNokiaブランドの携帯電話を提供するという。

Nokia 210

 ベンダー各社からAndroidスマートフォンがひしめくなか、今後も継続して、Nokiaが得意とするデザイン、技術革新、安全で純粋なAndroidの3つを大きな戦略の柱とするとも語っている。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン