このページの本文へ

申込も不要、アプリをダウンロードするだけ

耳の聞こえづらい人でもスマホ画面の文字で会話できる「みえる電話」

2019年02月21日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
サービスイメージ

 NTTドコモは2月21日、耳の聞こえづらいユーザー向けに通話相手の発話内容を画面上に文字で表示する「みえる電話」を発表。3月1日に提供開始する。

 スマホの画面上にリアルタイムで文字表示された内容を確認しながら通話を行なうことができるアプリ。ドコモのネットワーク上で通話音声の認識処理を行なうため、通話相手はアプリの準備が不要。通話相手の話した内容をユーザーの画面にリアルタイムで文字表示し、ユーザーが入力した文字情報をリアルタイムで音声変換して通話相手に送出する。

利用方法

 トライアルサービスとして2016年10月から提供しているもので、これまでの多数の意見や要望を踏まえて提供を開始。専用の電話番号を必要とせず、ユーザー自身の携帯電話番号での発着信対応や、発信可能な連絡先にフリーダイヤル・ナビダイヤル・特番を追加するなどの機能拡充を行なっている。

 事前に申込も不要。アプリをダウンロードするだけで利用できる。Android版(Android 6.0以上)、iOS版(iOS 11.0以上)が用意される。利用は無料(ドコモの回線契約が必要)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン