このページの本文へ

手の込んだ加工は、工芸品やジュエリーのよう

ソニーが最上位イヤホン「IER-Z1R」発売、実売20万円超でホールの再現目指す

2019年03月06日 11時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

通常ハイブリッド構成に、超高域用のスーパーツィーターを追加

 中低域用に直径12mmと大きめのダイナミック型ドライバー、高域用にBA型ドライバー、超高域用に直径5mmのダイナミック型ドライバーを使用している。一般的な1ダイナミック+1バランスドアーマチュアの構成に、人間の耳では聴こえない“超高域”までカバーするダイナミック型ドライバーを足したことになる。なかなか珍しい試みだ。間にBA型ドライバーを挟んでいるが、後述するように12mmと5mmそれぞれのダイナミック型ドライバーを同軸配置できる点にメリットを見出したのかもしれない。

分解図

各部パーツ

中央にあるのがインナーハウジング。2つのダイナミック型ドライバーは同軸配置し、BA型ドライバーは下側に取り付けている。

 3つのドライバユニットは、マグネシウム合金製のフレーム(インナーハウジング)に収められている。目的は不要振動を抑えることと、各ドライバーから出た音を最適な位相で合わせることだ。ソニーは後者を「リファインドフェイズ・ストラクチャー」と命名している。このインナーハウジングの後方には、広いスペース(拡張音響空間)が設けられている。そこに極細のチューブ(音響管)を接続。この仕組みで振動板の背圧を制御し、音質を調整している。

インナーハウジング

図の水色の部分が拡張音響空間。そこにつないだチューブを伝って空気が動く。

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中