このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

「フィクションです(笑)」 現役看護師・柳川あいのアブナイ三角関係

2019年02月20日 20時00分更新

文● 清水

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 看護師としても働いている柳川あいさんが、1st DVD「天使のヒミツ」(発売元:ラインコミュニケーションズ、収録時間:120分、価格:4104円)の発売記念イベントを2月17日、ソフマップAKIBA 1号店 サブカル・モバイル館で開催した。

 168cmの長身で、バストは88cm・Fカップ。迫力ボディーが特徴の柳川さんは、同じ病院で働いていたグラドル兼業の先輩に誘われる形でデビュー。岩手朝日テレビの「いいコト!」の1コーナー「みなみのいいコト!」のレポーターなどで活躍中だ。

――1st DVDの紹介をお願いします。

【柳川あい】 院長と不倫関係にある看護師が、患者とも付き合ってしまうというストーリー。もちろん、フィクションです(笑)。9月に都内と九十九里で撮りました。

――どんなシーンが楽しめますか?

【柳川あい】 実際に着ているナース服に近いものを着てみたり、柔道部だったので柔道着のシーンがあったり。私の特徴がてんこ盛りです。

――お気に入りのシーンは?

【柳川あい】 ちょっとセクシーな変形水着のシーンです。間接照明の部屋のなかで撮ったのですが、体のラインがきれいに出ているのが好きです。

――撮影で苦労したことなどは?

【柳川あい】 手術台のセットの上で、体に包帯を巻いて撮ったときです。体が固いので、台から落ちそうになってました(笑)。

 Twitterの自己紹介欄の写真が、まさに看護師の格好。こんな姿で働いているのだろうかと考えると、余計に妄想がふくらんでしまいそう。2月24日には、「はままる撮影会」に参加する予定だ。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ