このページの本文へ

Google+のコンテンツ保存は4月2日まで

2019年02月01日 20時00分更新

文● 松本塁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 グーグルは2月1日、Google+が2019年4月2日をもってサービス提供終了するのにともない、Google+にアップロードしたコンテンツの保存をユーザーに呼びかけている。

 一般ユーザーの場合は、4月2日以降にGoogle+アカウントおよびページの停止を順次開始。削除対象となるのは、Google+アルバムアーカイブの写真や動画およびGoogle+ページを含むアカウント内のコンテンツとなる。

 また、一般向けGoogle+は提供終了するが、エンタープライズ向けのGoogle+は、今後もサービスを継続し、製品の改善を続けていくとのこと。有償サービスを利用しているビジネスユーザー、無償でG Suiteを利用している教育機関やそのほかの組織を含むユーザーは、G Suiteの一部としてGoogle+のアカウントを引き続き利用できる。

 APIにおいても、Google+ Sign-inおよびGoogle+ OAuthのスコープを含むすべての Google+ APIの提供を終了する。グーグルでは、提供停止に向けた手順をすでに開始しており、3月7日のAPI完全停止に向け、断続的にAPIが停止する場合があると注意喚起している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン