このページの本文へ

Razer「Panthera Evo」

Razerの新型アーケードスティックはメカニカルスイッチ採用

2019年01月25日 23時47分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 メカニカルスイッチ採用アクションボタンを搭載したRazerの新型アーケードスティック「Panthera Evo」(型番:RZ06-02720100-R3A1)の販売がスタートした。

メカニカルスイッチ採用アクションボタンを搭載したRazerの新型アーケードスティック「Panthera Evo」

 Razerメカニカルスイッチ(φ30×8+φ24×2)と三和電子製ジョイスティックを搭載するアーケードスティックの新製品。スイッチは最高タップライフサイクル3000万回で、格闘ゲーマーにとって扱いやすい8ボタンVewlixレイアウト(タイトーのアーケード筐体VEWLIXに準拠したボタン配置)を採用する。

本体サイズは385(W)×260(D)××121(H)×mmで、重量は21kg

 またトップパネルデザインを変更できるのも特徴。ベースデザインをウェブからダウンロードすることも可能だ。重さと高さのプロファイルを調整できるほか、ラバーベースを備え、膝の上で安定性を保てる。

 対応機種はPlayStation 4およびWindows。インターフェースはUSBで、ケーブル長は約3m。PS4専用の3.5mmアナログヘッドセット端子を搭載する。

ラバーベースを備え、膝の上で安定性を確保。3mハードワイヤードケーブルは収納できる

 価格は3万24円。パソコンショップアーク、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中