このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

確定申告の強い味方!

個人事業主・フリーランスが欲しがる敏腕スキャナー「ScanSnap iX1500」

2019年01月29日 11時00分更新

文● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

待望のScanSnapフラッグシップモデル

ScanSnap iX1500

 レシートや領収書、名刺に年賀状などなど……。ペーパーレス社会は進んでも紙の資料が全くなくなるわけではない。後で整理しようとため込んでしまってなかなか見つからなかったり、ものによっては印字がかすれて読めなくなってしまうことも。

 そんな悩みを解決するのが「ScanSnap iX1500」だ。外観はどこに置いてもなじむシンプルでエレガントなデザイン。また、4.3インチの大画面タッチパネルでは「名刺を管理」や「家計の支出を管理」など、用途ごとにプロファイルが設定できる。

白を基調としたどこに置いてもなじみやすいデザイン。トレー収納時はコンパクトで、置き場所を選ばない
「ScanSnap Cloud」を使うと、レシートは「弥生会計」に、名刺は「Eight」にといったように、PCやスマホを使わなくてもさまざまなクラウドサービスにスキャンデータを直接転送できる

 スキャンデータはEvernoteやDropbox、名刺管理サービスのEightといったクラウド上に直接保存可能。PCを起動しなくても、その日にもらった名刺やレシートをささっとスキャンすれば探す手間や紛失の心配も無用で、スマホからでもすぐに活用もできる。

「ScanSnap Home」で一元管理

「ScanSnap Home」は、スキャンしたデータをまとめて管理・検索・編集ができるソフトウェア。タッチパネルのアイコンの設定もここから行う

 また、ScanSnapには、スキャナーの設定やファイルの整理・活用など、様々なシーンで活用できる「ScanSnap Home」が付属。原稿の読み取りから、閲覧、編集、管理、検索やアプリへの連携だけでなく、「学習機能」によりデータの生成や管理もアシストしてくれる。例えば、名刺をスキャンした際に自動で抽出される会社名などの情報を修正した場合、その修正内容が学習される。使うほどに正しい内容で自動抽出され、修正の手間がなくなる。

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン