このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ラグビーワールドカップ2019後、ラグビーを繁盛させたい

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ラグビーワールドカップ2015 南アフリカ戦日本代表

 2019年に開催する「ラグビーワールドカップ2019」(ラグビーW杯)、世界有数の大規模スポーツイベントの後にラグビー業界、またスポーツ業界として何を残せるのか。ラグビーワールドカップ2019組織員会でJRFU連携・レガシー局レガシー部部長の本田祐嗣氏に組織委員会として何をしているのか、話を伺った。

――レガシーは”遺産”を意味しますが、ラグビーW杯において「レガシー」は何を意味するのでしょうか?

本田 言葉の定義はしていませんが、この大会があったことにより起こった変化として捉えています。

――レガシー構築においてどのような目標を掲げているのでしょうか?

本田 ワールドラグビー、アジアの統括団体であるアジアラグビー(Asia Rugby)、日本ラグビー協会の3者で、「IMPACT Beyond 2019」というレガシープログラムを共同作成しました。

「日本におけるラグビーの振興」、「アジアにおけるラグビー振興」、「アジアにおける放送網の拡大」、「世界におけるラグビーの振興」と大きく4つのパートがあります。

 日本ラグビー協会はこれまでも日本におけるラグビー振興に取り組んできましたが、「日本におけるラグビーの振興」ではプレーヤー、レフリー、コーチ、タグラグビープレーヤー等の登録者数を20万人以上にするというものです。さらに細かい項目として、開催自治体とのパートナーシップ強化、パートナーシップを通じた活動の拡大を進めていきます。具体的な例としては、「2020年に新しい事業ができている」もしくは「既存の事業が拡大されている」ことです。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

「スポーツビジネス」の詳細情報はこちら
  • Sports Marketing

    スポーツを活用するマーケティング戦略を追う

  • Sports Technology

    スポーツの世界を変えるテクノロジーたち

ピックアップ