このページの本文へ

荒天時の最適ルートを自動提案、AI活用で変わる物流最前線

2019年01月16日 12時19分更新

文● Elizabeth Woyke

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米総合物流最大手のUPSは、吹雪や嵐など輸送の障害となる事象が発生したときに最適な輸送ルートを再設定するオンライン・プラットフォームを稼働させた。機械学習と最新の分析システムを組み合わせたプラットフォームの導入により、年間1億ドルから2億ドルのコストを削減できるとみている。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ