このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

CES 2019レポート第11回

ソニーが8Kブラビアや新しい音楽体験「360 Reality Audio」をCESで発表

2019年01月09日 09時00分更新

文● 山本敦 ●編集 ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

360度全方位から音が聞こえる音楽体験 「360 Reality Audio」を発表

 テレビのほかには、ユーザーの360度全方位に音をオブジェクトとして配置して、豊かな臨場感が味わえる新しい音楽体験「360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)」の技術を発表した。

ソニー独自の立体音響技術「360 Reality Audio」を発表

 ソニーがスタジオエンジニアやクリエーター向けに提供するツールを使って制作したコンテンツを、スマホやタブレットで視聴できる音楽配信サービスに乗せて、モバイル端末で手軽に楽しめる音楽サービスとして開発が進められる。サービスの提供開始時期については明らかにされなかったが、CESの会場では13基のスピーカーを配置した特設シアターと一般的なオーディオヘッドホンで臨場感あふれるサラウンドが体験できるデモンストレーションを参考出展している。

360 Reality Audioに対応する製品の一例として一体型スピーカーの試作機を展示した

 360 Reality Audioの対応コンテンツはソニーが単独で手がけるのではなく、外部のパートナーに技術を提供しながらオープンな環境をベースに拡大を目指す。CESの時点では世界的なライブエンタテインメント企業であるライブ・ネーション・エンタテインメントが対応コンテンツの企画・制作でソニーと協業することが発表されたほか、音楽配信サービスもDeezerにQobuz、TIDAL、nugs.netの4者が提供していくことを明らかにした。

 今後ライブ・ネーションが運営する全米6ヵ所のコンサートホールなどの施設で開催される、The Wombats、AJR、Good Charlotte、Kodalineなどのアーティストのライブ音源が360 Reality Audioの対応コンテンツとして制作される予定だ。

360 Reality Audioを体験したミュージシャンのファレル・ウィリアムズもゲストスピーカーとして登壇。「クリエーターの意図したサウンドをありのまま伝えられる音楽体験」として全面的に応援すると宣言した

 このほかにも有機ガラスを使って360度に広がる音を再現する、ハイレゾ対応の“グラスサウンドスピーカー”の新製品「LSPX-S2」など、CES開催のタイミングに合わせて新製品もいくつか発表されていたが、残念ながらブースには置かれていなかった。日本発売のアナウンスを心待ちにしたい。

CESの会場に展示はなかったが“グラスサウンドスピーカー”の新製品「LSPX-S2」も、今年5月以降に欧州で発売を予定する製品として発表された。価格は600ユーロ前後を予定

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン