このページの本文へ

VRで視点を合わせてクリアに見せる技術

「DeepFocus」をFacebookがオープンソース化

2019年01月07日 13時55分更新

文● Mogura VR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
DeepFocusデモ

 Facebookは、ディープラーニングを用いたVR用レンダリングライブラリ「DeepFocus」をオープンソース化するとを発表した。VRアプリで活用することで視線の先がよりクリアになることが期待される。

 DeepFocusは、カラー画像・デプス画像を用い、ディープラーニングにより実現される技術。焦点の合わない位置にブラーをかけたり、深度合成、多層レイヤーの分解、多視点イメージを正確に同期するよう仕組みとなっている。これにより、リアルタイムに網膜上の像のくっきり具合・ぼやけ具合を実現しているとのこと。

 オープンソース化されるとともに訓練用のデータも公開されている。DeepFocusはハードウェアに依存せず、VRのヘッドマウントディスプレーだけでなく、ライトフィールドディスプレーをともなうARのヘッドセットでも利用可能という。

カテゴリートップへ

絶叫&興奮!「VR ZONE SHINJUKU 」をアスキー軍団が全力体験

VR体験動画一覧はこちら!