このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

素人でもそれっぽい動画が撮れる!

小型4KジンバルカメラOsmo Pocketは動画撮影の楽しさを教えてくれる

2019年01月05日 10時00分更新

文● 佐藤 正人/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

動画を撮るのが楽しくなる

 手軽さで言えばスマホに勝るものはありませんが、Osmo Pocketは簡単に綺麗な動画を撮れることに加えて、撮ることの楽しさも感じられました。これは今までにない発見かもしれません。

 なにかを撮るための手段としてのツールは世の中にたくさん溢れていますが、「撮りたい」「楽しい」といった気持ちにさせてくれるOsmo Pocketは買って正解でした。年末年始は田舎に帰省するので、風景や親戚の子供たちを撮って遊び尽くそうと思います。

 ちなみに動画内の音声はOsmo Pocketの内蔵マイクで録ったものです。撮影中に持ち直したり指を動かしたりするとカサカサとノイズが思いきり入ってしまうので、なるべく持ち方を決めてから撮り始めたほうが良さそうです。

サイズ感が抜群で持ったときの収まりが良い

 今回試し撮りした際、Osmo Pocketを持ったまま長い距離を歩いていても重さはまったく気にならず、腕も疲れることは一度もありませんでした。おそらくジンバルの手ぶれ補正機能があることで、気を楽にして持っていられるということが大きなポイントだと思います。一方のスマホの場合、それほど手ぶれ補正が効かないので腕を固定しなければいけないという意識が働いて結果的に腕が疲れてしまうのではないでしょうか。

 スマホで撮ったほうが早いのにあえてOsmo Pocketで撮りたくなる。そんな気持ちになったのは自分でも不思議ですが、2019年はいろんな動画を撮って楽しみたいと思います。

■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン