このページの本文へ

クアルコム・Snapdragon 8cx搭載ノートPCは2019年に登場

2018年12月07日 18時30分更新

文● 石野純也 撮影●石野純也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2つの4K HDR対応ディスプレーに出力可能

 GPUはAdreno 680を採用する。Snapdragon 855は「Adreno 640」だったが、これよりもパフォーマンスが強化されているようだ。Snapdragon 855との直接的な比較はなかったが、基調講演では前世代のGPUに比べ、2倍高速化していることが語られた。また、Snapdragon 835との比較では、3.5倍高速化しているという。USB 3.1 Gen.2と第3世代のPCI Expressにも対応しており、最大で2つの4K HDRディスプレーに映像を同時に出力できる。

GPUの性能も、スマートフォン向けのSnapdragonに比べ、大きく強化された

インターフェースもPC向けに拡張した

 クアルコムが培ってきたオーディオ技術も搭載。コーデックやコーデックを含む高音質化技術の「Aqstic」や、Bluetoothでハイレゾの再生を可能にする「aptX HD」に対応。また、ボイスアシスタントはCortanaとAlexaの両方をサポートしている。

クアルコムのオーディオ技術にも対応する

 Windows on Snapdragonでは、64ビットのARMコア用に書かれたアプリが動くほか、既存のx86アプリもエミュレーションの形で動作する。ただし、エミュレーションが間に挟まるため、パフォーマンスは64ビットのArm用に書かれたアプリの方が高くなる。Windows on Snapdragonが登場して以降、徐々に対応アプリは増えているが、基調講演では、Arm版のFirefoxが登場することが明かされた。

Arm版のFirefoxも登場する

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン