前へ 1 2 3 4 次へ

第321回 業界人の《ことば》から

VAIOはPCだけのブランドをやめる

文●大河原克行、編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

外の企業と積極的に手を組んでいく

 EMS事業では中核となっているロボティクス事業を切り出して、独立した事業として確立。一方で、アプリ開発やサーバー運営、クラウドサービスなどを提供する企業と、テクニカルパートナーという形で連携し、ロボット開発を促進する考えも示した。さらに、農業分野向けのアグリテック領域にも、VAIOのモノづくり力を活用するという。

 ソリューション事業はVR事業に加えて、ブロックチェーンを活用した新規事業の立ち上げにも挑む。「ソリューション事業は、『探索モード』を速く終了させて、事業化させていく」と、第3の柱の構築にも積極的に取り組む姿勢だ。

 「VAIO全体として製品拡充を続ける一方、人員拡充、人材登用、デジタルマーケティング強化、外部人材を招聘しながら、営業を強化。開発と営業の両輪を回すことになる」と吉田社長は語る一方、「限られたリソースだけでは足りない。しかも、200億円規模の会社が成長するには、自社のリソースだけにこだわっていては成長できないと考えている。足りないものは、外の企業と積極的に手を組んでいくことになる。できないことは一緒になってやるというどん欲さを持ちなから、VAIOを成長させていく」と語る。

 「上場という目標はあるが、その前にやらなくてはならないことがたくさんある。強い事業構造を作り上げることができたら、上場が具体的な議題にあがるようになるだろう。いまは、長期の仕込みに力を注ぐことを優先したい」

 次の成長に向けた準備が整いつつあるというのが、VAIOの現状だといえる。

前へ 1 2 3 4 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
10月
11月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2017年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
03月
04月
05月
07月
08月
10月
11月
12月
2015年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
12月
2014年
07月
08月
09月
10月
11月
12月