このページの本文へ

VAIO設立5年、新聞全面広告などでメッセージを発信

2019年07月01日 13時00分更新

文● ラモス/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 VAIOは7月1日、設立5年を記念し、新聞全面広告や特設ページなどを通じて、全ステークホルダー向けにメッセージを発表した。新聞全面広告は2019年7月1日付の日本経済新聞と信濃毎日新聞に掲載されている。

 VAIOは、2014年VAIOブランドPC事業を基盤とする会社として設立。現在はPC事業にくわえ、EMS事業、ソリューション事業を展開している。PC事業では、この5年間で法人向けビジネスが同事業全体の売上の7割を占めるまで成長したという。

 設立5年の節目にステークホルダーに感謝を伝えるとともに、今後も事業を通じて、企業のさまざまな課題解決や個人のライフワークを豊かにする提案ができるように務めるとした。

 また、動画クリエイティブも公開。VAIO PCが出来上がる製造工程を工場で実際に収録した音なども聴くことができる。手のひらと手のひらをたたきあわせる「High Five」のシーンは、「Five」が5周年を迎えたことを象徴しているという。さまざまなステークホルダーとこれからも手を取りあい、歩んでいきたいとする想いを表現したとのこと。


 新聞全面広告のメッセージ全文:「5年前の今日。VAIOは商品から株式会社になった。大企業から独立して自由になった私たちを、世間は注目した。けれど、うまくいくと思った人はどれくらいいただろう。後ろ盾を失った240人の会社が、本当にやっていけるのか。PCが最先端の時代は終わったんじゃないか。独立のニュースが落ち着くと、そんな空気を感じた。実際に、離れていった人もいた。それでも、なんとか今日までやってこられたのはなぜか。信じてくれる人がいたからだ。とにかくやってみましょう、と言ってくれる人がいた。満足いくまで追い込んだ品質に、共感してくれる人がいた。数千人が使う会社PCとして、採用してくれる人がいた。大切な設計や製造を、託してくれる人がいた。独り立ちしたはずのVAIOは、もう独りではない。PCだけをつくるVAIOでもない。何かをつくりたいという明確な意志を持つ人たちと、この世界に本当に必要なものをつくる会社へ。技術。体力。自信。準備はできた。いよいよだ。今、私たちの心は躍っている。あなたと何をつくろうか。信じてくれる人と、VAIO」。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン