このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ハッカー「iPhoneで削除した写真も復元可能」

2018年11月30日 09時00分更新

文● せきゅラボ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

削除したはずの写真は、理論的には復元可能という

 iPhoneやAndroidのバグを発見するコンテストで、iPhone Xで削除した写真やファイルを回復できる脆弱性の存在を、ハッカーが発見したと報道された(Apple Warned About iPhone X Hack That Stole "Deleted" Photo)。発見した2人のハッカーには賞金として5万ドルが贈られている。

 脆弱性はiOS 12.1の「Safari」で見つけられたもので、実行時コンパイラ(JITコンパイラ。ソフトウェアの実行時にコードの変換をすることで、実行速度の向上をはかる)に存在するとのこと。

 iPhoneで写真を削除した場合、「iCloud 写真」の「最近削除した項目」の中に残る。前述した脆弱性を悪用することで、iPhone Xにアクセスできれば、削除したはずの写真が復元できるという。また、悪意のあるWi-Fiスポットを介して、遠隔操作でデータが復元されてしまうおそれもあるとしている。

 この脆弱性をついて、多くのiPhoneが被害に遭うような事態が即座に発生することは考えにくい。そうはいっても、万が一、自分のiPhoneにアクセスされたら、残しておきたくないファイルが勝手に復元されたら……と不安になる人もいるだろう。どうしたらよいのか。

前へ 1 2 次へ

悩める一児の親が子どもと一緒にスマホ管理に挑戦! 「セーフ ファミリー」体験記

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィー リブセーフって何ができるの?


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる

「ドコモ あんしんナンバー チェック」のサービス提供対象やご利用方法などの詳細はNTTドコモのウェブサイトをご覧ください。

スマートフォンから PCなどから