このページの本文へ

ユーザーのカスタマイズが自在に

バッテリーレスタブレットにWindows 10 Pro搭載モデルを追加

2018年11月22日 15時50分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「DG-BTL10IW」

 サードウェーブは11月22日、バッテリーレスタブレット型Windows PC「DG-BTL10IW」にWindows 10 Pro搭載モデルを追加。受注を開始した。

 接客や各種操作端末などに利用する設置型のタブレット。同社従来モデルはOSとしてWindows 10 IoT Enterpriseを搭載していたが、ライセンス上の制約によりアプリケーションソフトを自由にインストールできないという不満がユーザーから上がっていたという。新たにWindows 10 Proを搭載することにより、ユーザーが自由にアプリケーションをインストールできるようになる。

 CPUにはインテルAtom x5-Z8350を採用、4GBメモリーや64GB eMMCを搭載。10.1型(1920×1200ドット)の10点マルチタッチ液晶パネルを装備する。価格は8万4240円。

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ