このページの本文へ

薬剤師の服薬指導支援に関する特許を取得

薬剤師と患者のコミュニケーションを支援する「次世代電子薬歴システム Musubi」

2018年11月15日 10時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 医療ベンチャーのカケハシは11月15日、薬剤師の服薬指導支援に関する特許を取得したと発表した。

 カケハシは​薬局向けの基幹業務システム「次世代電子薬歴システム Musubi」を展開している。Musubiは患者と一緒にMusubiのタッチ機能付き端末画面を見ながら服薬指導を行なうシステムで、薬剤師と患者とのコミュニケーションと薬歴記入を同時に行なうことができ、薬歴記入に関わる薬剤師の業務負担を大幅に削減。さらに​Musubiが​患者の健康状態や生活習慣にあわせた服薬指導や健康アドバイスを提示するとしている。

 特許名称は「薬剤師による患者に対する服薬指導を支援するための装置、方法及びプログラム」(特許番号 特許第6381088号)。

■関連サイト

カテゴリートップへ

アクセスランキング
ピックアップ