このページの本文へ

TOKYO PACK 2018で公開

日本HP、東京国際包装展にて新たなデジタル印刷ソリューションを発表

2018年10月02日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「HP Indigo 6900デジタル印刷機」

 日本HPは10月2日、東京ビッグサイトで開催の「TOKYO PACK 2018 – 2018東京国際包装展」に出展。デジタル印刷テクノロジーによる付加価値を持つパッケージと新たな印刷ソリューションを公開した。

 国内初出展の「HP Indigo 6900デジタル印刷機」は、市販のニスに添加されラベルの組成と密接に結合する新たな紫外線硬化添加剤によって水や化学薬品、温度暴露に対する性能を向上。「Pack Ready for Labels」を使用することで、より多様なラベルへの印刷を可能にし、費用のかかるラミネート加工を不要にするという。また、HP Indigoエレクトロインキシルバーの活用によりメタリック印刷にも対応する。

HP Indigo 6900デジタル印刷機をパッケージのデジタル印刷を活用することで耐候性のある印刷が可能。Indigoエレクトロインキシルバーはメタリック印刷やブランド保護印刷にも対応 

 また、HPの工場で専門家によって再整備され、手頃な価格で導入できる「HP Indigo 6rデジタル印刷機」、ワンパスのデジタル加飾ソリューション「HP Indigo GEM」、HP Indigo 20000デジタル印刷機の対応アプリケーションと機能を拡張などを公開。クラウド印刷の「HP PrintOS」、HP Indigoデジタル印刷機の生産強化モード「EPM PreFlight」など、従来からのソリューションも追加アプリケーションや機能向上が図られている。

■関連サイト

カテゴリートップへ