このページの本文へ

ARTISAN「疾風 甲 FX」

日本製のマウスパッドARTISANに新シリーズ登場

2018年09月15日 23時49分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 メイドインジャパンのハイエンドマウスパッドとして人気のARTISANから、新モデル「疾風 甲 FX」シリーズが登場。従来通り硬度やサイズの違いで9モデルがラインナップされている。

ARTISANの新モデル「疾風 甲 FX」シリーズ。硬度やサイズの違いで9モデルがラインナップ

 「疾風 甲 FX」シリーズは、「疾風」「疾風 乙」をベースとした新モデル。程よいシャープさと軽い滑りで、「速い初動。氷の上のような滑りではなくコントローラブルな速い滑り」を特徴とする。また、ロック加工によりCLASSICシリーズの欠点であった硬いエッジ、粘着感を解消したとされる。

マニアックなまでにこだわりを詰め込んだARTISANのマウスパッド。価格は高いがゲーマーから人気だ

 ラインナップは、硬度の違いでMID/SOIFT/XSOFTの3種、サイズの違いでM/L/XLの3種の計9モデル。価格はサイズによりM(310×240×4mm)が3180円、L(420×330×4mm)が4590円、XL(490×420×4mm)が5790円。パソコンショップアーク、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

硬いエッジ、粘着感を解消。使いやすさが200%アップしたという

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中