このページの本文へ

「2時間でわかる、量子コンピュータの基礎と最新動向」のご案内

2018年09月07日 11時27分更新

文● MIT Technology Review Event Producer

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

量子コンピューターをめぐる世界競争が激化している。MITテクノロジーレビューは9月25日、産業総合技術研究所の川畑史郎氏をお招きし、「2時間でわかる、量子コンピュータの基礎と最新動向」を開催する。

従来のコンピューターをはるかに超えた計算ができるとされている「量子コンピューター」を巡る動きが活発化しています。最近では、IBMやインテル、グーグルといった巨大プレイヤーに加えて、スタートアップ企業も開発に参入。民間主導の米国に対し、国家主導で多額の予算を投じる中国、「量子テクノロジー・フラッグシップ」を立ち上げたEUなど、国家間の競争も激化しています。

量子コンピューターは「コンピューター」という名前がついていますが、従来のコンピューターとは方式が異なり、現在のパソコンやサーバーをそのまま置き換えるものではありません。では、量子コンピューターは従来のコンピューターとどう違い、何ができ、私たちのビジネスや生活にどんな影響を与えるのでしょうか?

今回のEmerging Technology Niteでは、産業技術総合研究所で量子アニーリングマシンの開発や量子コンピュータの理論研究を行っている川畑史郎氏をゲストにお迎えし、量子コンピューターの基礎から最新動向までをお話いただきます。

「難しい」と言われる量子コンピューターの基礎原理を非技術者向けに噛み砕いて解説いただくとともに、量子コンピューターをめぐる国内外の研究機関や企業の動き、具体的な活用領域などを整理し、量子コンピューターによってもたらされる未来について来場のみなさまと一緒に考えます。

登壇者紹介


川畑史郎(かわばた しろう)

国立研究開発法人 産業技術総合研究所
ナノエレクトロニクス研究部門 エレクトロインフォマティクスグループ グループ長
<略歴>
1998年~ 通商産業省 電子技術総合研究所 研究員
2001年~ 産業技術総合研究所 研究員
2005年~ 同 主任研究員
2017年~ 同 研究グループ長
【専門分野】
理論物理(量子情報処理、物性理論、非線形物理)

いま、MITテクノロジーレビューに新規で有料購読会員に申し込むと、今回のイベントに500円で参加できます(2500円割引)。さらに、量子テクノロジー関連の記事をまとめたeムック『ここまで来た!量子コンピューター最前線』もダウンロード可能です。

Quantum Technologies

■新たにMITテクノロジーレビューのInsider Online購読会員になり、本イベントに割引価格で参加するには、以下の手順でお申し込みください。
1. MITテクノロジーレビュー申し込みページから、InsiderOnlineの購読をお申込みください。
2.「会員情報の画面」から有料会員様向けの割引コードを取得します。
3. イベント申込みページで、「チケットを申し込む」ボタンをクリックしてください。
4.「【割引コード入力で500円】有料会員用割引チケット 」を選択してください。
5.下の「割引コード」欄に、割引コードを入力してください。その後「フォームへ進む」ボタン後にお支払い方法をお選びください。

※ すでに有料購読会員の方は2の手順からお進みください。
※ 満席の場合はご容赦願います。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ