このページの本文へ

MMCX対応ケーブルを交換可能

高域用と低域用に2基のドライバーを搭載したハイブリッドイヤフォンが1万円以下

2018年09月05日 21時10分更新

文● 市川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋は9月5日、高域用・低域用にそれぞれドライバーを搭載した2wayハイブリッドイヤフォン「KONG-X HMC-K57M」を発売した。価格は7862円。

KONG-X HMC-K57M

高域用・低域用ドライバーとMMCXコネクター

 高域用にバランスアーマチュアを1基、低域用にダイナミックドライバーを1基搭載している。ダイナミックドライバーは10mm口径でチタン製ダイアフラムを採用。瞬発音でも崩れない重低音再生を実現する。MMCXコネクターを採用しているため、MMCX対応のケーブルを交換してカスタマイズすることもできるという。

 再生周波数帯域は20Hz~40KHz。出力音圧レベルは103db ±3dB。インピーダンスは52Ω。接続コードは3.5mmの3極ミニプラグL型/OFC(4N)。ケーブルの長さは1.2m。

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ