このページの本文へ

「Akerun 入退室管理システム」テレビCM出演のおふたりにインタビュー

清水尋也さんと早見あかりさんに「デジタルは好き?」ときいてみた

2018年09月04日 18時00分更新

文● 貝塚/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 フォトシンスは、後付け型スマートロックを用いた「Akerun 入退室管理システム」のテレビCMを放送する。

 テレビ東京の金曜日深夜0時52分から1時23分のドラマ枠「ドラマ25」の「インベスターZ」とコラボレーションをした同社初のテレビCMで、ドラマ内で財前孝史を演じる清水尋也さん、藤田美雪を演じる早見あかりさんが出演。Akerun 入退室管理システムの取り付けに挑戦し、発売から2年で2500社に導入されたという急成長の秘密を、同社代表取締役社長の河瀬 航大氏にたずねるという内容だ。

出演のおふたりに、デジタルについてきいてみた!

 出演のおふたりにインタビューする機会を得たので、デジタル製品に対する興味をきいてみた。

ーーアスキーはデジタル機器を多く取り上げる媒体なのですが、早見さんは、デジタル製品はお好きですか?

早見あかりさん「好きか嫌いかというのは抜きにして、私は、実はデジタル製品の扱いが苦手なんです。まず、説明書を読むのがとても苦手で……。

 Akerun 入退室管理システムはスマートウォッチをかざすだけで解錠できたり、扱いが簡単なので操作ができましたが……いわゆる『機械オンチ』なんですよね(笑)」

ーー清水さんはいかがでしょう?

清水尋也さん「『意外だ』と言われることが多いのですが、小さい頃から機械が大好きなんです。小学生の頃からPCには親しんでいました。使わなくなったスマートフォンを分解して遊んでみたり、古いゲーム機をドライバーで開けて、中身を見て『こうなってるんだ!』と楽しんだりとか(笑)。

 以前、『PCを自作してみたい』と思い立って、秋葉原にパーツを見に行ったこともありますね(笑)。それくらい、デジタル機器は好きです。Akerun 入退室管理システムも、撮影しながら、分解して中身を見てみたいと思っていました」

テレビCMは9月8日より放送!

 対照的な答えを見せてくれた、早見あかりさんと清水尋也さん。清水尋也さんは若くして自作PCにまで手を出しかけているとのことで、アスキー的には興味津々! 機会があれば、じっくりとデジタル機器について語ってほしいものだ。おふたりが出演するテレビCMは9月8日より放送されるので、ぜひチェックしよう!

Akerun 入退室管理システム

 「Akerun 入退室管理システム」は、スマートロックを用いた、入退室管理システム。サムターン(鍵のつまみ部分)に貼り付けるスタイルで導入でき、スマートフォンのアプリや、NFC対応のICカードで施錠/解錠できる。クラウド上での権限管理、履歴管理ができることでも人気を集める。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン