このページの本文へ

お値段20万円超! 真全画面スマホ「Find X」のランボルギーニ版

2018年08月31日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ノッチなしの全画面ディスプレーを搭載する、中国OPPOのスマートフォン「Find X Lamborghini Special Edition」がアキバに入荷した。ランボルギーニコラボの特別モデルで、店頭価格は21万9800円だ。

カーボンファイバーのボディーに輝くランボルギーニのエンブレム!OPPO「Find X」の特別版が入荷した

 邪魔者のノッチが存在しない、本当の意味での全画面ディスプレーを採用する「Find X」のバリエーションモデル。高級スポーツカーメーカーのランボルギーニとコラボした特別版で、カーボンファイバーデザインの背面パネルには、ランボルギーニの雄牛のエンブレムが飾られている。

 基本的なスペックは通常版のストレージ256GBモデルと変わらないものの、特別仕様の本体デザインに加え、ランボルギーニ仕様の専用ケースやイヤホン、急速充電「Super VOOC」対応チャージャーなどが同梱される。

ギミック式のカメラを採用、ノッチなしの全画面ディスプレーを実現したモデル。ちなみにスペックは通常版と変わらない
本体だけでなく、付属品もランボルギーニ仕様。ケースやイヤホン、急速充電用のアダプターにもエンブレムが入っている

 主な仕様は、ディスプレーが1080×2340ドットの6.42型有機EL、プロセッサーはSnapdragon 845、メモリー8GB、ストレージ256GBなど。2000万画素+1600万画素のデュアルカメラと2500万画素のインカメラは、顔認証やカメラ使用の際にポップアップする「Stealth 3D Cameras」というギミックを採用している。なお、搭載OSはAndroid 8.1ベースの独自UI ColorOS 5.1だ。

 ショップによれば「入荷したのは1台のみ。今後はもう入荷しないかもしれない」という激レア品。中国向け端末ならではの難しさもあり、決して万人向けではないものの、誰にでも自慢できる高級・高性能なスマートフォンを使ってみたい人は要チェックだ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン