このページの本文へ

Xperia XZ2 Premiumロングランレポート第2回

Xperia XZ2 Premium購入で開封の儀! 箱や同梱物はちょっと残念

2018年08月21日 10時00分更新

文● 中山 智 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回から新たに購入した「Xperia XZ2 Premium(SO-04K)」での連載がスタートです。前回ドコモショップで購入したXperia XZ2 Premium。MNPでの購入でカラーはクロームシルバーをチョイスしました。

ドコモ版Xperia XZ2 Premiumの箱背面の注意書き。Wi-Fiマークが目立つ

 まずは開封の儀ということで、購入したパッケージを空けてみます。といっても最近のドコモ端末はいたってシンプル。箱を空けると端末がビニールに入ってセットされており、その下にある中蓋を開けると、付属品はイヤホンジャック用のアダプターがあるだけです。

箱を空けるとすぐに端末とご対面箱の中身を全部取り出してみてもこれだけ

 説明書類も「クイックスタートガイド」と「取り扱い上のご注意」だけです。購入時に説明もありましたが、充電機や充電ケーブルも付属していません。実際問題として仕事柄、自宅には充電機もType-Cのケーブルもたくさんあるので困りませんが、初めてスマートフォンを購入する人や、これまで充電ケーブルがmicroUSBだったユーザーは注意しましょう。

ちなみに端末ほかがセットされた状態で349g

 唯一の付属品は、Type-Cからステレオミニジャックに変換するアダプター。ワンセグを視聴する際にもこのアダプターが必要になります。ちなみに本体がシルバーでもアダプターは黒なんですね。このあたりは本体カラーをクロームブラックにしたほうがマッチしてたかも。

付属品のアダプターは本体色と違い黒

 最近はイヤホンジャックを廃止して、Type-Cの変換アダプターを使う機種が増えています。iPhoneもLightning端子から変換ですね。筆者の場合、このXperia XZ2 Premiumのほか、iPhone 7 PlusとHUAWEI Mate 10 Proも持ち歩いてるので、これで3つのアダプターをカバンに入れておく必要があります。普通の人は1台しかスマートフォンを持たないのでいいのでしょうが、このあたり汎用性のあるアダプター1個ですませたいところです。まぁBluetoothのイヤホンを使うのが一番良いのかもしれませんが。

フィルムを剥がして使用できる状態にセットアップ!

 以上が開封の儀といったところ。コストダウンがかなりはっきりとわかり、箱や同梱物はちょっと寂しいかなという印象。10万円を超える端末なので、もうちょっと高級感のある箱や同梱物があれば、所有欲がもっと満たされるのにと思います。アダプターもできれば本体カラーに揃えてほしかった……。

箱の蓋が底にツライチにならないのが気になる

 とまあ、気になるところはありますが、それはそれ。あとはXperia XZ2 Premiumに貼ってあるフィルムを剥がせば使えるようになります。本格的な使用レポは次回に続きます。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン