このページの本文へ

Sycom、AMDモデルをリニューアルしてB450チップセットを搭載

ゲーミングPCから省スペース、静音モデルまで幅広いラインアップ刷新

2018年08月01日 15時25分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
左より、「Radiant GZ2650B450AG」、「Radiant VX2650B450A/Radiant VX2650B450AG」、「Radiant SBX2650B450AG」、「Silent-Master Pro B450A」、「G-Master Mace B450AS-Mini-DTN-STR」

 サイコムは8月1日、BTOパソコンのAMDモデルをリニューアルした。B450チップセット搭載マザーボードを標準仕様としている。

 対象となるのはミドルタワーやミニタワー、ゲーミングPCなど6モデルで、マザーボードは従来のAMD B350チップセット搭載からB450チップセット搭載に変更された。

 スタンダードなミドルタワーモデル「Radiant GZ2650B450AG」(8万550円より)、ミニタワーモデル「Radiant VX2650B450A」(7万4210円より)、「Radiant VX2650B450AG」(7万2960円より)、省スペースモデル「Radiant SBX2650B450AG」(6万9100円より)、静音モデル「Silent-Master Pro B450A」(13万3270円より)、ゲーミングモデル「G-Master Mace B450AS-Mini-DTN-STR」(14万80円より)

カテゴリートップへ