このページの本文へ

5.6型狭額縁ディスプレー搭載の「Galaxy J6」が2.8万円でアキバ店頭に登場

2018年07月28日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 低価格かつ小振りな狭額縁ディスプレー搭載スマートフォン「Galaxy J6(SM-J600G/DS)」がアキバ店頭に入荷。イオシス アキバ中央通店などのイオシス各店にて2万7800円で販売中だ。

5.6型サイズでは珍しく、Galaxyの上位モデルと同じく狭額縁な「Infinity Display」を搭載する「Galaxy J6」が登場

 アスペクト比18.5:9の細長い狭額縁ディスプレー「Infinity Display」を搭載したエントリークラスのスマートフォン。サムスンがインド市場向けに発売したSIMフリースマートフォンで、同様のディスプレー採用モデルとしては珍しい小さめ(5.6型)の端末だ。

 ディスプレーは解像度720×1480ドットの有機ELで、プロセッサーはオクタコアのExynos 7870、メモリー3GB、ストレージ32GBなど。OSはAndroid 8.0を搭載している。

エントリークラスの端末で、HD+解像度の有機ELやオクタコア、3GBメモリーなどを搭載。価格は約2.8万円で、コスパは良好だ

 そのほか、1300万画素のメインカメラと800万画素インカメラ、指紋認証センサーなどを装備。バッテリー容量は3000mAhを内蔵している。

 入荷したのはnanoSIM×2のデュアルSIMモデルで、ネットワークはFD-LTEバンド1/2/3/4/8/7/8/12/13/17/20/28/66、TD-LTEバンド38/40/41などに対応している。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン