このページの本文へ

日本と米国を除くグローバルな取引が可能

LINE、仮想通貨取引所「BITBOX」を提供開始

2018年07月18日 18時20分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「BITBOX」

 LINEは7月18日、グローバルに取引可能な仮想通貨取引所「BITBOX」を7月16日より開始したと発表した。

 LINEおよびLINEの仮想通貨事業やブロックチェーン関連事業を展開するグループ会社LVC、両社の傘下であるLINE Tech Plusを通して提供開始したもの。およそ30種類の仮想通貨を取り扱い、日本語を除く計15の言語に対応する。

 ブロックチェーンセキュリティー大手BitGoと連携し、同社が提供するマルチシグネチャ技術を採用。3つの鍵を使った管理により、詳細なセキュリティー設定でウォレット間での資産の移動を保護するとしている。

 BITBOXは日本と米国を除いた国で提供され、取扱通貨はBTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、BCH(ビットコインキャッシュ)、LTC(ライトコイン)などを予定している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン