このページの本文へ

猛暑見解2018:8月下旬~9月上旬にもう一度猛暑に

ウェザーニューズ、猛暑のピークはもう一度来ると見解を発表

2018年07月18日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「猛暑見解2018」

 ウェザーニューズは7月18日、「猛暑見解2018」を発表した。

 7月中旬の現在は猛暑が続いているが、今夏の気温は9月にかけて全国的に平年よりやや高い~高い傾向にあり、さらに猛暑のピークは今(7月いっぱい)に加えて8月下旬~9月上旬にあると予測している。太平洋高気圧とチベット高気圧の張り出しが強まり、上空で2つの高気圧が重なる「ダブル高気圧」の影響によって日本列島がより勢力の強い高気圧に覆われるためとしている。

「熱中症アラーム」

 ウェザーニューズでは、最新の見解をスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「おしらせ」またはウェブサイト「猛暑見解2018」で発表しているとともに、ウェザーニュースタッチでは「熱中症アラーム」の登録も開始。熱中症アラームでは現在地での熱中症の危険度をプッシュ通知する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン