このページの本文へ

岡山県、広島県、愛媛県内にて公衆無線LAN開放:

携帯電話各社、大雨影響で西日本の広い範囲で通信障害

2018年07月09日 18時30分更新

文● モーダル小嶋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
こちらはNTTドコモの発表

 西日本の広い範囲で9日18時30分現在、携帯電話がつながらない、またはつながりにくい状況になっており、NTTドコモKDDIソフトバンクがそれぞれリリースを発表しています。

 記録的な豪雨により、通信ケーブルなどの設備に被害が出ていることが原因とのこと。災害の影響により通信サービスが利用できないエリアに関して、3キャリアはそれぞれ復旧エリアマップを公開しています(NTTドコモKDDIソフトバンク)。

 また、公衆無線LANサービスに関しては、岡山県、広島県、愛媛県内にて、NTTドコモは「docomo Wi-Fi」、KDDIは「au Wi-Fi SPOT」、ソフトバンクは「ソフトバンクWi-Fiスポット」を開放。ネットワーク名「00000JAPAN」をスマホやタブレットで選択することで、キャリアを問わず誰でも利用できます。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン