このページの本文へ

出先のノートPC利用でもマルチディスプレー環境を実現

USB Type-Cならケーブル1本で接続できる携帯に便利な15.6型ディスプレー

2018年06月28日 14時15分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「LCD-MF161XP」

 アイ・オー・データ機器は6月27日、持ち運びしやすいコンパクトサイズの15.6型ワイド液晶ディスプレー「LCD-MF161XP」を発表。7月下旬に発売する。

 表示解像度の1920×1080ドットのIPSパネルを採用し、厚みおよそ9.8mm、重さおよそ900gの小型軽量なので、ノートPCと一緒に持ち運び、出先でのマルチディスプレーやプレゼンテーションとして利用できる。

スタンドとしても利用できるキャリングケースが付属

 映像入力はHDMI(ミニ)およびUSB Type-C(DisplayPort)を装備し、USB Type-Cならば映像出力と給電がケーブル1本の接続で済む。HDMI接続時は付属のACアダプターで給電(DC 5V)。予想実売価格は3万5424円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン