このページの本文へ

Razer「Razer Core X」

3スロット対応の外付けGPU BOX「Razer Core X」

2018年06月21日 23時50分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Razerの外付けGPUボックス「Razer Core X」の販売が22日からスタートする。TSUKUMO eX.ではサンプル版を使ったデモを実施中だ。

Razerの外付けGPUボックス「Razer Core X」。TSUKUMO eX.ではGeForce GTX 1080を搭載したデモ機を展示中

 「Razer Core X」は、Thunderbolt 3インターフェースで接続する外付けGPUボックスの最新モデル。既存モデル「Razer Core V2」から、USB 3.0やギガビットLAN、RGB LED機能のRazer Chromaを省略し、価格を3万2800円(税抜)に抑えたのが特徴。

3スロット厚のビデオカードに対応したことで、ほとんどのモデルが搭載可能に

 内部は3スロット厚のビデオカードが搭載できる(奥行き330mmまで)ようになるなど、拡張性はアップ。AMD、NVIDIAともに現行販売されている主要なビデオカードのほとんどで対応がうたわれている。なお、電源容量は650W。

シンプルなリアインターフェース。Thunderbolt 3で接続する

 本体サイズは168(W)×374(D)×230(H)mm。対応OSはWindows 10 RS1以降、macOS High Sierra 10.13.4以降で、ACケーブル(1.4m)とThunderbolt 3ケーブル(0.45m)が付属する。

GPUの対応リスト。MacBookでも利用でき、問い合わせも多いという

 TSUKUMO eX.のほかツクモDOS/Vパソコン館でも販売予定だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中