このページの本文へ

Project M「PM-MINING-F+」

BIOSTAR製マザー専用の価格を抑えたマイニング用フレーム

2018年06月19日 23時06分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 元PCパーツショップの店員M氏が提案するアユートのカスタムパーツブランドProject Mから、マイニング用フレーム「PM-MINING-F+」が登場した。

マイニング用フレーム「PM-MINING-F+」

 4月に発売された8枚のビデオカードを搭載可能なBIOSTAR製のマイニング向けマザーボード「TB250-BTC D+」専用のフレームキット。シンプルな構造とすることで、低価格化を実現したのが特徴。

ライザーカード不要で8枚のビデオカードを搭載できる「TB250-BTC D+」専用のフレーム

 製品は茶箱入りで、フレームのほかスイッチやスペーサー、電源ボタン、ネジ、説明書が付属。製造元は長尾製作所が担当する。なお、冷却ファンは120mm×3基がオプションで搭載可能だ。

 販売しているのはオリオスペックで、価格は8800円(税抜)。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中