このページの本文へ

NECが不審者の見逃しがなくなる自動分類技術を開発

2018年06月13日 15時35分更新

文● 白木/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本電気は6月12日、大量の映像から人物の出現パターンを数値化し、不審者を高精度で絞り込む自動分類技術を開発したと発表。

 うろうろしている人などの不審者を高精度で自動分類できる技術。頻出する人物を抽出する「時空間データ横断プロファイリング」を強化するものだとする。

 不審者を抽出するアルゴリズムを開発。映像に現れる出現頻度や、動き、滞在時間などの項目を統計処理し、その変動の度合を数値化し変化曲線で表せる。

 さらに、統計項目にたいして重みづけすることにより、特定の出現パターンの人物だけを抽出できるという。

 公開映像データを用いて評価実験をしたところ、うろうろしていた人、長時間立ち止まっていた人、通り抜けた人などの出現パターンを正しく分類でき、不審者の見逃しがなくなることを確認したとうたう。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

ピックアップ