このページの本文へ

「マカフィー スモール ビジネス セキュリティ」、iKAZUCHIで取り扱い開始

2018年05月17日 17時00分更新

文● まぶかはっと/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ダイワボウ情報システムは5月17日、マカフィーの中小企業向けセキュリティー製品「マカフィー スモール ビジネス セキュリティ」の取り扱いを、サブスクリプション管理ポータル「iKAZUCHI(雷)」で開始した。

 マカフィー スモール ビジネス セキュリティは、PCからスマートフォン、タブレットまで、ビジネスで使用するさまざまなデバイスを、オンライン脅威から保護するマルチデバイス対応のセキュリティー製品。

 ライセンスはPCの場合、1台から利用可能。今回新たに月額単位と年額単位での課金となるサブスクリプション製品として提供することで、ビジネスの状況に合わせた利用台数の増減などの柔軟な運用が可能になった。そのほか、メールやウェブの保護機能、ファイアウォールでビジネスデータと顧客データも保護できる。

 保護したいPCやモバイルデバイスに、メールやSMSでインストール用のリンクを送り、リンクをクリックするだけで製品のインストールが可能。またリモートからでもデバイスを管理でき、モバイル デバイスの紛失/盗難に遭っても、「マイアカウント」ダッシュボードでデバイスの位置を探知し、デバイスのロックが可能できるという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

マカフィーは大切なものを守ります。