このページの本文へ

AMD X470チップセット搭載マザーが発売【GIGABYTE編】

2018年04月24日 23時11分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「Pinnacle Ridge」こと第2世代Ryzenに合わせて発売されたAMD X470チップセット搭載マザーボード。GIGABYTEからは3モデルが登場している。

松竹梅的に分かりやすい3モデル展開のGIGABYTE

 GIGABYTEから発売されたのは、ゲーミングブランド「AORUS」シリーズから3モデル。「X470 AORUS GAMING 7 WIFI」「X470 AORUS GAMING 5 WIFI」「X470 AORUS ULTRA GAMING」。

 秋葉原での販売ショップは、パソコンショップアーク、ドスパラ秋葉原本店、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店、ソフマップAKIBA②号店 パソコン総合館、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.となる。

「X470 AORUS GAMING 7 WIFI」

 10+2電源フェーズを採用する最上位モデル「X470 AORUS GAMING 7 WIFI」。高性能VRMヒートシンク設計「Fins-Array technology」により、従来型ヒートシンク形状に比べ最大40%低い動作温度を実現。また、ベースプレートと一体型I/Oリアパネルにより、ケースへの取り付けが楽になった。

最上位モデル「X470 AORUS GAMING 7 WIFI」。価格は3万4550円

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×2、PCI Express(2.0) x4×1(x16形状)、PCI Express(2.0) x1×2。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-3600+(OC)/3400(OC)/3333(OC)/3200(OC)/3000(OC)/2933/2667/2400/2133、最大64GB)という構成。

グラフィックス出力を省略するなど、第2世代Ryzenに特化した作りがポイント

 オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(intel I211-AT)やWi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n/ac Wave2+Bluetooth 5、8CH HDサウンド(Realtek ALC1220-VB 8CH)、M.2×2、SATA3.0×6、USB 3.1×3(Type-A+Type-C)、USB 3.0×10、USB 2.0×6などを装備。グラフィックス出力はない。

「X470 AORUS GAMING 5 WIFI」

 シリーズのミドルレンジモデル。8+3電源フェーズを採用し、ヒートパイプで接続されたVRMヒートシンクやRGB LED機能「RGB FUSION」に対応する。

ミドルレンジモデル「X470 AORUS GAMING 5 WIFI」。価格は2万8000円

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×2、PCI Express(2.0) x4×1(x16形状)、PCI Express(2.0) x1×2。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-3200(OC)/3000(OC)/2933/2667/2400/2133、最大64GB)という構成。

一体型I/Oバックパネルはなくなったが、RGB LED付きの「メタルアーマー」を備える

 オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(intel I211-AT)やWi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n/ac Wave2+Bluetooth 5、8CH HDサウンド(Realtek ALC1220-VB 8CH)、M.2×2、SATA3.0×6、USB 3.1×3(Type-A+Type-C)、USB 3.0×8、USB 2.0×8などを装備。グラフィックス出力はHDMI 2.0×1。

「X470 AORUS ULTRA GAMING」

 シリーズのミドルレンジモデル。8+3電源フェーズを採用するのは「X470 AORUS GAMING 5 WIFI」と同じながら、Wi-Fi機能を省略した。

Wi-Fi機能を省略した「X470 AORUS ULTRA GAMING」。価格は2万3000円

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×2、PCI Express(2.0) x4×1(x16形状)、PCI Express(2.0) x1×2。メモリーは、DDR4 DIMM×4(DDR4-3200(OC)/3000(OC)/2933/2667/2400/2133、最大64GB)という構成。

「AORUS」シリーズでは最下位という位置づけながら、スペックはミドルレンジ以上

 オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(intel I211-AT)や8CH HDサウンド(Realtek ALC1220-VB 8CH)、M.2×2、SATA3.0×6、USB 3.1×3(Type-A+Type-C)、USB 3.0×8、USB 2.0×8などを装備。グラフィックス出力はHDMI 2.0×1。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中