このページの本文へ

自宅のような環境でゲーミングデバイスを体験/自宅のゲーミング環境づくりの参考にも

ゲーミングデバイスを手軽に体験できるコンセプトスペース登場

2018年03月28日 15時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ゲーミングライフスタイルを提案するコンセプトスペース

 デジカとサードウェーブは3月28日、ゲーミングライフスタイルを提案するコンセプトスペースを展開した。「ドスパラ大阪なんば店」に作られたスペースではゲーミング環境づくりの参考となる部屋を体験できる。

 ドスパラ大阪なんば店のリニューアルオープンにあわせて設置されたもの。実際の利用に近い環境でゲーミングデバイスを体験・検討できるように自宅のゲーミングスペースのような環境が整えられている。また、一般に販売されている家具類を導入しており、自宅で自分だけのゲーミング環境を構築する際の参考となる提案の場にもなっている。

白と黒の2色に分けられたスペースを用意

 ブース奥に用意している棚には日本では珍しいSteamグッズを常設展示し、一部の商品は店頭を通して購入の手配をするという。ドスパラでは、製品購入時に付与されるドスパラポイントをSteamウォレットへチャージできるサービスを展開しており、パソコンや周辺機器の購入からポイントを使用したSteamによるゲームの購入までをトータルサービスとして提供する。

 ドスパラ×デジカ コンセプトスペースは、ドスパラ 大阪なんば店2F(エスカレーターで2Fに上がった正面)に設置されている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ